×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home | Lesson | Game | Tool | Link

5.立体

ポリゴンを立体にして表示します。
三角形を四面体に、四角形を六面体にしています。


四面体作成
三角形に頂点を1つ追加して四面体にします。
頂点は1つの増加ですが、四面体なので面は4つ増えています。
これにより、インデックスリストも4面分設定します。
頂点の位置に気をつけながらインデックスリストを作成してください。
	//四面体作成
	u16 list[] = {0,1,2, 2,1,3, 1,0,3, 0,2,3};
	S3DVertex ver[4];
	ver[0] = S3DVertex( 0, 1,0,  0,0,0, 0xFFFF0000, 0,0);//上 :赤
	ver[1] = S3DVertex( 1,-1,0,  0,0,0, 0xFF00FF00, 0,0);//右下:緑
	ver[2] = S3DVertex(-1,-1,0,  0,0,0, 0xFF0000FF, 0,0);//左下:青
	ver[3] = S3DVertex( 0, 0,2,  0,0,0, 0xFFFF00FF, 0,0);//奥 :紫
	mat.setTranslation(vector3df(-2,0,0));//左に2移動
	mat.setRotationRadians(vector3df(rx,0,0));//X軸で回転
	driver->setTransform (ETS_WORLD, mat);//ワールドに反映
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver[0], 4, &list[0], 4);

六面体:インデックスリスト作成
インデックスリストを用意します。
頂点の情報に気をつけながら作成します。
六面体は6面あるので、6面分設定します。
※四面体の時とは異なり、それぞれ独立した面にしてあります。
	//六面体作成
	u16 list1[] = { 0, 1, 2,  2, 1, 3};
	u16 list2[] = { 4, 5, 6,  6, 5, 7};
	u16 list3[] = { 8, 9,10, 10, 9,11};
	u16 list4[] = {12,13,14, 14,13,15};
	u16 list5[] = {16,17,18, 18,17,19};
	u16 list6[] = {20,21,22, 22,21,23};

六面体:頂点情報作成
頂点情報を作成しています。
本来六面体の頂点は8個ですが、面毎に分けて作成しているため24個になっています。
(1面4個*6面=24個)
頂点情報は、その面を表から見た場合のXYZ座標を設定しています。
	S3DVertex ver2[24];
	ver2[ 0] = S3DVertex(-1, 1,-1,  0,0,0, 0xFFFF0000, 0,0);//前左上
	ver2[ 1] = S3DVertex( 1, 1,-1,  0,0,0, 0xFFFF0000, 0,0);//前右上
	ver2[ 2] = S3DVertex(-1,-1,-1,  0,0,0, 0xFFFF0000, 0,0);//前左下
	ver2[ 3] = S3DVertex( 1,-1,-1,  0,0,0, 0xFFFF0000, 0,0);//前右下

	ver2[ 4] = S3DVertex( 1, 1, 1,  0,0,0, 0xFF00FF00, 0,0);//奥左上
	ver2[ 5] = S3DVertex(-1, 1, 1,  0,0,0, 0xFF00FF00, 0,0);//奥右上
	ver2[ 6] = S3DVertex( 1,-1, 1,  0,0,0, 0xFF00FF00, 0,0);//奥左下
	ver2[ 7] = S3DVertex(-1,-1, 1,  0,0,0, 0xFF00FF00, 0,0);//奥右下

	ver2[ 8] = S3DVertex(-1, 1, 1,  0,0,0, 0xFF0000FF, 0,0);//左左上
	ver2[ 9] = S3DVertex(-1, 1,-1,  0,0,0, 0xFF0000FF, 0,0);//左右上
	ver2[10] = S3DVertex(-1,-1, 1,  0,0,0, 0xFF0000FF, 0,0);//左左下
	ver2[11] = S3DVertex(-1,-1,-1,  0,0,0, 0xFF0000FF, 0,0);//左右下

	ver2[12] = S3DVertex( 1, 1,-1,  0,0,0, 0xFFFFFF00, 0,0);//右左上
	ver2[13] = S3DVertex( 1, 1, 1,  0,0,0, 0xFFFFFF00, 0,0);//右右上
	ver2[14] = S3DVertex( 1,-1,-1,  0,0,0, 0xFFFFFF00, 0,0);//右左下
	ver2[15] = S3DVertex( 1,-1, 1,  0,0,0, 0xFFFFFF00, 0,0);//右右下

	ver2[16] = S3DVertex( 1, 1,-1,  0,0,0, 0xFFFF00FF, 0,0);//上左上
	ver2[17] = S3DVertex(-1, 1,-1,  0,0,0, 0xFFFF00FF, 0,0);//上右上
	ver2[18] = S3DVertex( 1, 1, 1,  0,0,0, 0xFFFF00FF, 0,0);//上左下
	ver2[19] = S3DVertex(-1, 1, 1,  0,0,0, 0xFFFF00FF, 0,0);//上右下

	ver2[20] = S3DVertex(-1,-1,-1,  0,0,0, 0xFF00FFFF, 0,0);//下左上
	ver2[21] = S3DVertex( 1,-1,-1,  0,0,0, 0xFF00FFFF, 0,0);//下右上
	ver2[22] = S3DVertex(-1,-1, 1,  0,0,0, 0xFF00FFFF, 0,0);//下左下
	ver2[23] = S3DVertex( 1,-1, 1,  0,0,0, 0xFF00FFFF, 0,0);//下右下

六面体:作成
面を分割した(インデックスリストを面毎に設定した)ので、
6回drawIndexedTriangleListを呼び出して六面体を作成します。
	mat.setTranslation(vector3df(2,0,0));//右に2移動
	mat.setRotationRadians(vector3df(rx,ry,0));//Y軸で回転
	driver->setTransform (ETS_WORLD, mat);//ワールドに反映
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver2[0], 24, &list1[0], 2);
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver2[0], 24, &list2[0], 2);
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver2[0], 24, &list3[0], 2);
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver2[0], 24, &list4[0], 2);
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver2[0], 24, &list5[0], 2);
	driver->drawIndexedTriangleList(&ver2[0], 24, &list6[0], 2);


3D空間内での座標

上図のように、絵を描いてみると座標の位置関係がわかりやすくなります。

ダウンロード
今回作成したファイル一式です。

宿題
1.四面体を面毎に色を変えて表示してみましょう。
2.六面体を頂点8個で描画してみましょう。